【基本】自宅では強くマッサージしないでください!!

基本的な知識

筋肉を強くもみすぎると、
寝違えやぎっくり腰になることがあるので、
ご自宅では強くもみすぎないようにしてください。

特に、首に強いマッサージを受けることで、
寝違えになってしまって
来院されるケースがとても多いです。

 

筋肉には、強いダメージを受けると
固くなる性質があるんですね。

グイッと伸ばされても固くなりますし、
スジをひねっても固くなります。

あまりにも強いマッサージは、
筋肉は「敵」「ダメージ」だと感じます。

 

適度なマッサージであれば
筋肉は柔らかくなっていきますが、
強すぎると固くなってしまいます。

固くなった状態で一気に動けば、
寝違えやぎっくり腰になってしまいます。

 

マッサージチェアに要注意!!

ぜひとも注意していただきたいのが、
マッサージチェアを使用することです。

電気屋さんに置いてありますよね。

マッサージチェアは、
正しい方法で使用しないと
ぎっくり腰や寝違えになりやすいです。

マッサージチェアの誤使用によって、
痛めて来院される患者さんは多いです。

 

「一日に何回も」「長時間」
マッサージチェアを使用したことで、
痛めて来院される患者さんが多いです。

そのときは気持ちよくても、
筋肉に強いダメージが入ってしまい、
翌日になったら激痛で動けないパターンです。

まったく首が回らなくなっていたり、
腰が伸びなくなってしまったりと、
グキッとひねったような状態になっています。

 

医療機器には「使用頻度」「使用時間」など、
細かな決まりがたくさんあります。

そして、どの医療機器にも
「正しく使わないと人体に危害を及ぼす」
という文章がはっきりと書かれているんですね。

一時間、二時間とマッサージチェアに乗るのは、
カラダにとってはダメージでしかありません。

要注意です!!