空手による怪我・痛み

スポーツによる怪我・痛み

空手にはいろいろな流派があると思います。

僕のところには、多くの患者さんが来院されますが、
極真空手タイプの方と、寸止め空手の方が
来院されるケースがとても多いです。

空手では、以下のような外傷が発生しやすいです。

 

全身の打撲、首のねんざ

直接打撃系のフルコンタクト空手はもちろん、
寸止め空手でも寸止めがうまくいかず、
思い切り打撲の状態になってしまうことがあります。

また、面ありの空手の場合には、
面に突きが加わることによって
面の重さで首を痛めてしまうケースもあります。

面の重さが原因となって、
むちうちと同じ形になってしまいます。

 

痛めてしまった部分は必ず冷やして
応急処置を行う必要がありますし、
しっかりと固定処置を行うことも必要です。

テーピングやバンテージが必要な場合もあるので、
適切な対処が必要になります。

 

相手のガードにぶつかったときの打撲

相手選手が肘や膝でガードをしたところに
突きや蹴りをいれてしまうことで
強烈な打撲が発生することがあります。

打ちどころが悪かったり、
あまりにも衝撃が強すぎると
骨折してしまうケースもあります。

 

過去の患者さんで多く見受けられるのが、
自分の蹴り足に相手の肘が刺さるような形で
ダメージが入るものです。

足の甲に相手の肘が直接あたってしまい、
骨折されていた方もいましたし、
強めの打撲になってしまった方もいました。

他の競技と比較しても、
肘や膝がぶつかるタイプの外傷は少ないので、
ダメージがとても大きくなってしまうのが特徴です。

 

指や拳の打撲・ねんざ

指や拳、手首を痛める方も多いですね。

自分が突きを行った瞬間に、
相手選手がステップ・インしてきて
突き指や手首の捻挫が発生した患者さんもいました。

同じく突きを行った瞬間、
相手選手の道着に指がひっかかったまま
バックステップされてしまい、
強烈な突き指状態になった方もいました。

フルコン系空手の方で、
相手選手の鎖骨部分に変な形で突きが入ってしまい、
小指と薬指を骨折された患者さんも過去にいました。

 

顔面骨折・歯の怪我

接骨院とは関係ありませんが、
顔面を思い切り打ちつけて骨折されたり、
歯が折れてしまうような怪我をされる方もいます。

どちらも非常に重たい怪我ですから、
整形外科や歯科医院での治療が必要になります。