ボウリング・ボーリングによる怪我・痛み

スポーツによる怪我・痛み

ボウリングで痛めてしまう患者さんが
たまにいらっしゃることがあります。

中高生などの学生さんではなく、
中高年の方が痛めて来院されるケースが多いです。

ボウリングでは、
以下のような外傷が発生しやすいです。

 

手首・肘のねんざ

ボウリングでは、手首や肘の部分を
ねんざしてしまうケースが多いですね。

ボールを投げる瞬間に、
手首や肘にダメージが入ってしまい、
強くひねってしまうケースが多いです。

男女関係なく、
手首や肘を痛める方が多いです。

 

肩のねんざ

肩の関節を思い切りひねってしまうことで、
状態が悪化してしまうケースがあります。

ボウリングは、
肩を大きく動かすスポーツですから、
痛めてしまう方が多いように感じます。

肩の関節だけではなくて、
肩にくっついている大きな筋肉のいずれかが
ダメージを負っているケースも多くあります。

肩だと思っていたものが
「上腕」「鎖骨の下の筋肉」「胸の筋肉」
「背中の外側の筋肉」だったというケースは多いです。

 

何度も繰り返す場合はフォーム&道具のチェックが必要

一般的には、ねんざは
何度も繰り返すものではありません。

もし何度も何度も繰り返してしまう場合は、
フォームが適していないか、
道具が適していない可能性があるので注意してくださいね。

 

過剰にカーブをかけるようなフォームだと、
カラダに加わるダメージが大きくなってしまい、
各所を怪我するリスクが高まります。

あまりにも重たいボールだったり、
逆に軽すぎるボールであったとしても、
関節や筋肉に負担が加わるケースは多いです。

 

何度も痛めてしまう場合は、
必ずボウリングの専門家の方に見てもらって、
フォームチェックや道具チェックを行ってくださいね。

フォームを数センチ変化させただけで、
怪我の再発が一切なくなった患者さんも
過去にいらっしゃいますので、重要なポイントです。