野球・ソフトボールによる怪我・痛み

スポーツによる怪我・痛み

野球で怪我をされるケース、
とても多いですね。

幼稚園児くらいのお子さんから高齢者の方まで、
多くの方が、野球やソフトボールで
怪我をされて来院されることがあります。

代表的な外傷をまとめておきます。

 

投球による手首や肘のねんざ

ボールを思い切り投げることによって、
手首や肘をねんざしてしまうケースがあります。

特に中高生に多い怪我ですが、
ボールを強く投げることによって
関節をひねってしまうことが多いです。

関節だけでなく、
前腕の筋肉にもダメージが入り、
その影響で肘にダメージが伝わることもあります。

 

自覚症状が出ていないケースが多いのですが、
肘にいきなりダメージが入るのではなくて、
肩の関節の動きが悪くなっているケースも目立ちます。

肘関節以外の関節や筋肉の動きが悪くなっているときに、
普段どおり、思い切り投げようとすると、
思い切り肘をひねってしまうことが多いです。

肘だけに注目するのではなく、
体全体でどんな動きをしているのか、
肘にどんな影響を与えているのかをチェックして、
それに適した対処を行っていくことが重要です。

 

バッティングの打ち損じによる手首、指のねんざ

ボールにバットがうまくミートせず、
打ち損じてしまったときに
手首や指を思い切りひねってしまうことがあります。

グキッと強くひねってしまうことで、
関節組織や腱などにダメージが加わりやすいです。

もし打ち損じて、痛みが強く出ている場合は、
応急処置として手全体をアイスパックや氷枕などで
しっかりと冷やすようにしてくださいね。

くれぐれも温めないようにしてください。

 

フルスイングに失敗したときの腰・背中のねんざ

フルスイングして空振りになったとき、
腰や背中を大きく伸ばしてしまうことがあります。

腰や背中の筋肉を引き伸ばしてしまったり、
背骨の関節組織を伸ばしてしまうケースが多いです。

ぎっくり腰のように、
前かがみになって来院されるのが特徴です。

筋肉がぐいっと伸ばされて
過剰に緊張状態になっているので、
しっかりとアイシング等を行う必要があります。

 

もしフルスイングを行って
腰や背中、胸などに痛みが出ているその夜は、
絶対にお風呂に入らないようにしてくださいね。

お風呂に入ってしまうと、
炎症が拡大する恐れがありますので
くれぐれもご注意いただければと思います。