【注意】ガングリオン(手首のこぶ)

【注意】接骨院では対応不可能な症状

手首のところに発生しやすい腫瘤の一つに、
ガングリオンというものがあります。

手の甲側の手首の部分に、
何もしていないのにコブのようなものができた場合、
整形外科・外科を受診するようにしてください。

 

関節を包んでいる袋の部分に、
ゼリーのようなものが溜まってしまい、
ボコンと膨らんでくる状態です。

接骨院では何もすることができませんし、
施術しても変化はないと思います。

たまに間違えて来院されるケースがありますが、
整形外科・外科を受診すると治療してもらえます。

 

自分自身の症例

僕自身、学生時代に
ガングリオンになった経験があります。

柔道を行っていたのですが、
手首をよく使う技を練習していたところ、
手首にガングリオンが発生してしまいました。

手首を反らすときに痛みが出てきたので、
そのときは、外科を受診して診てもらいました。

 

反らしたときの痛みが強かったので、
病院の先生に相談したところ、
注射器で中のゼリーを抜くことになりました。

麻酔をして関節にぶすっと注射をして、
注射器で吸い取ってもらったのですが、
ネバネバのゼリーのようなものが出てきました。

「痛みがないときは、治療しないこともある」
とも、その先生が仰っていました。

一般的な医学書にも、
痛みなどの症状があれば注射器で抜くなどの治療を行い、
痛みがなければ放置しても問題ないと書かれています。

 

いずれにしても、急にコブが出てきたら
心配になるかと思いますので、
一度、外科や整形外科を受診してみてくださいね。