【要注意!!】冷や汗が出るくらい激痛になったら、すぐに病院へ!!

【注意】接骨院では対応不可能な症状

こんにちは、菜の花接骨院の揚張(アゲハリ)です!!

もし「何もしていない」のに胸や肩、
腕に信じられないくらい激痛や冷や汗が出た場合は、
接骨院ではなくて循環器科を受診するようにしてください。

突然、何の前触れもなく、
「冷や汗が出るくらい強い症状」が出たら
絶対に循環器科を受診するようにしてください。

特に、左腕側に激痛が発生している場合は、
すぐにでも医療機関を受診してください。

何の問題もなければよいのですが、
中には、病気が隠れているケースがあります。

 

狭心症・心筋梗塞が隠れている可能性がある

過去の患者さんで、
実際にあったケースなのですが、
心筋梗塞の状態で接骨院に来院された方がいます。

2018年現在、開業してから13年たつのですが、
その間に2名の方が狭心症・心筋梗塞の状態で来院されました。

明らかにおかしな状態で来院されたので、
すぐに医療機関に移動していただきました。

幸いにも、病院の先生のおかげで、
2名の方は命を落とすことなく
元気な状態で暮らしていらっしゃいます。

 

狭心症や心筋梗塞の大きな特徴が
「胸から肩、腕への激痛」です。

何もしていないのに、
何もぶつけた覚えがないのに、
突然、胸から肩・腕に激痛が起こります。

 

しかも注意しなければならないのが、
胸に何の症状も発生せずに、
肩から腕に激痛が出てくるケースもあるということです。

胸が痛くなれば「胸の病気」だと気づけますが、
腕や肩の激痛が突然発生したからといって、
それが「胸の病気」だとは一般の方は気づくことはできません。

2名の患者さんとも「腕の症状」だと思って、
僕のところに来院されています。

 

何千人も、何十万回も施術を行っていると、
怪我の患者さんなのか、他の病気の患者さんなのかは、
ある程度、パット見てわかります。

でも、患者さん側は「腕の痛み」だと思ってしまい、
間違えて接骨院に来院されるケースがあります。

腕の痛みだけではなくて、
息苦しかったり冷や汗が出てきたり、
その他、強い症状が出ている場合には、
接骨院ではなくて医療機関を受診してくださいね。

僕はお医者さんではないので、
本来、書くべき内容ではないかもしれませんが、
実際の経験談から書かせていただきました。